店長代理のブログ

2020.06.14 14:00

河原の草刈り完了!

6/20の友釣り解禁まで1週間を切りました。本日、雨の中組合員で入川路を中心に河原の草刈りをしました。写真のように背丈以上の草もありましたが、視界が広がり足元も歩きやすくなったと思います。

2020.06.05 23:30

新しい橋(蔵作町)の工事の様子6

今回は南側(池田寄り)橋りょうの工事進捗報告です。写真は2020年6月3日夕方の撮影です。ついに橋から現道に繋がる部分の土盛りが姿を現わしました。左が現道で、緩やかにカーブし橋桁に繋がるようです。対岸の橋脚上面はバンクがついていて、走りやすそうです。また、川の中ほどに橋脚も追加になりました。目に見えて進んで来て、ますます今後が楽しみです!

2020.05.18 22:30

新しい橋(蔵作町)の工事の様子5

久しぶりに県道2号線に架けられる橋の工事進捗の報告です。写真は2020年5月18日12時ごろの北側(福井寄り)橋の状況です。南側橋りょうに比べて工事が遅いようでしたが、ようやく橋脚すべての姿が現れました。左岸から見た画像ですが、右岸の発電所きわの橋脚の手前に中央の橋脚が見えます。北側橋は99mの長さで、3基の橋脚になるんですね。橋桁が載せられる日が楽しみです。

2020.05.17 21:00

信楽焼たぬき展が5/21再開!

新型コロナウイルスの影響で中断していました「信楽焼のたぬきと仲間たち」展が5月21日(木)に再開し、31日(日)までの会期となりました。よろしかったら、どうぞご覧ください。

以前にご案内した「信楽焼のたぬきと仲間たち」展は、4月2日より開催しています。ところが、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大により、会場の旧森田銀行本店(坂井市三国町)が4/6(月)より休館することになりました。福井県は、人口10万人当たりでは全国最多の感染率だそうで、観光地ですからいた仕方ありません。

本展示は色んな扮装をしたたぬきや、カメ、カエルなど、約90点の楽しい展示です。明日4/5(日)は開場しているそうですから、お近くの方はご訪問ください。また、休館が解除されましたらご報告します。

2020.05.08 17:00

鮎友釣り解禁は6月20日(土)❗️

(画像は池田町寺谷橋下流の土砂撤去作業)

ゴールデンウィークも過ぎ、爽やかな日が続いていますが、鮎友釣り漁の解禁情報です。

今年は6月20日の土曜日になります。九頭竜川は6/13とのことですから、1週間遅れとなります。バッティングしませんので、ファンには予定を立てやすいかも知れません。漁協でもたくさん放流しているので、長く楽しめると思います。

心配はやはり新型コロナウイルスの影響ですね。現在は県をまたいでの移動は自粛要請が出ていますが、何とか5月中に終息して晴れて解禁となってほしいものです。

説明が遅くなりましたが、上の写真は池田町の足羽川本流の様子です。長い期間に河原に土砂が堆積し、ヨシがうっそうとしていたそうです。そこで県の丹南土木事務所が洪水防止のため、野尻橋下流から魚見川出合い付近まで右岸の土砂・雑木の撤去作業をしています。写真の重機手前の高さまで土砂を削り、ダンプで運び出しています。これは鮎釣りにも朗報で、釣り専用区が含まれますがとても入川しやすくなっています。9月上旬までの工事ですが、もちろん寸止めで川は濁っていませんのでご安心ください。

2020.05.07 17:30

山菜三昧

先週から、タケノコ、ワラビ、ウドなど近所の方やお客さまから、たくさんいただきました。画像は越前市の方からいただいたワラビと、池田町の方からいただいたウドです。母は始末・調理におおわらわです。他の友人はワラビのあとミツバ採りに向かったとか…

しかしありがたいですね。自然のめぐみで、やまがならではです。新型コロナ感染の可能性は僅少で、かつ福井県では画像での外出自粛解除されました。皆さんも旧美山町や池田町に山菜採りにいらっしゃってください。開放されている山道から入るのがお勧めです。ただし運転と火、熊には気をつけて!

2020.04.28 13:30

Stay Home ポスター作りました

前回に引き続き、新型コロナウイルス対策の話しです。外出自粛で、アーティストや一般の方が、色々な活動をやっておられます。

そこで私も何かやろうと、スティホームの啓発ポスターを作ってみました。福井市の上空に現れた肥大化したウイルスを足羽山から戦車の主砲で撃つ、みんなは手洗いとマスクで防護という絵面です。

友達に送ったところ、手の絵が汚ない、大砲と分からないと散々です。若い娘さんの手が撮れれば、発砲火炎がもう少しリアルに描ければ、と思いますが許してください(笑)

2020.04.23 12:00

Stay Home みんなで乗り切ろう!

上の写真は、4/13に撮影した近所の寺院門前の桜です。今年もきれいに咲きましたが、世間は新型コロナ感染拡大で花見にも行けなかった方も多いと思います。引き続き先が見えない状況ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

福井県は人口あたりの感染者数は全国でも上位になっています。外出自粛で、ストレスも溜まって来ます。この困難をみんなで心を合わせて乗り切りましょう。そして、何より病院などで対応されている方をはじめ、エッセンシャル・ワーカーの方々には感謝至極です。かつてない苦難でしょうが、頑張ってください。

そんな中、他県の方もご存知でしょうが、福井県ではマスク購入券を全戸に配布したり、妊婦へのPCR検査を実施するなどの政策が発表されました。幸福度日本一を実感できるニュースでした。

2020.03.30 15:00

部子川の様子

(2020年3月30日、池田町大本付近で撮影)

渓流釣りファンの皆さま、こんにちは。下池田の部子川の様子を見に行って来ました。足羽川ダムの本格的工事が行われていました。2026年の第1期工事の完了を目指し、今は転流工や仮橋などが行われているようです。

この写真はダム本体の建設予定地です。対岸の高い位置には、完成時に水面から上になるであろう橋桁が見えます。

この先の大本までは工事現場が続き、臨時の信号機がいくつかありますが、一般車両優先で通行することができます。ただ工事の大型ダンプが多いので、注意して走行することが必要です。

大本では渓流釣りの方も見られました。より奥の龍双ヶ滝の辺りを含め従来と変わりませんので、お天気が良ければぜひお出かけください。

2020.03.24 20:00

新しい橋(蔵作町)の工事の様子4

写真は3月23日の南側(池田町寄り)の橋の状況です。ついに橋脚が姿を現しました! 周囲の型枠や足場が取り払われ、真新しく美しい勇姿です。幾何学的な現代らしい形状で、幅広く力強い感じもします。こうなると、北側の橋は同じイメージの橋脚かな、橋桁はどんなイメージかな、なんても思ってきます。

また次回をお楽しみに。

2020.03.17 16:00

相模原というところ

(画像は相模原市緑区の橋本駅周辺)

今回は、筆者の自宅がある神奈川県相模原市緑区の紹介をします。相模原ってピンとこない方も多いと思いますが、東京都八王子市と町田市、神奈川県厚木市、山梨県などに隣接し県央に位置しています。人口は約72万人で福井県とほぼ肩を並べ、政令指定都市です。緑区は北部に相模湖などの湖や山地があり、自然が豊かなところです。相模川が流れ、アユ釣りも盛んです。

鉄道は中央線・横浜線・京王線が走り、道路は中央道・圏央道・東京環状16号線が通っています。いま橋本駅付近ではリニア新幹線の工事が進んでおり、完成すれば品川まで9分とのことです。

ところが、事件がよく起こります。地下鉄サリン事件の女性容疑者が隠れていたのも、大量殺人事件があった津久井やまゆり園も区内です。遺棄事件もよく起こります。現在は新型コロナウイルスに感染された方が多く発生しています。

なぜなのか? ウイルスの件は別として、やはり山地があり隠れやすい・隠しやすい、その割にはそこまでの交通が至便ということがあると思います。都心や横浜からも1時間ほどで人口密集地や人目につかない場所に来れますから、色んな人が色んな目的で来るんでしょうか。

そんな相模原ですからニュースにたびたび出現すると思いますので、ご覧になったらこの記事を思い出してください。

2020.03.03 21:00

「信楽焼のたぬきと仲間たち」展

今回は、一風変わった展覧会のご案内です。

信楽焼といえば、たぬきの置物を思い起こしますよね。福井市の大和一郎氏が、彼のコレクションを一堂に公開する展覧会が開催されます。期間と場所は、4月2日〜16日に坂井市三国町の旧森田銀行本店です。

色々な扮装のたぬきや、かめ、かえるといった愉快な仲間たちが勢揃いします。無料ですので、よろしかったら覗いてみてください。周辺は三国湊の古い街並みが残り、素敵な雰囲気です。

筆者は画像の案内状の制作をしました。



2020.02.22 22:22

新しい橋(蔵作町)の工事の様子3

この写真は、2月21日に撮影した福井寄り(北側)の橋の工事状況です。前回は2本の橋のうち池田より(南側)の状況を報告しましたが、あまりにも天気が良かったので撮影しました。手前に河川、奥に発電所、左手は途中カットされた発電所の橋、右手は仮橋です。

川が半分埋め立てられ、橋台・橋脚のための足場が組まれています。この構造物は既設の鉄塔と距離が近く、橋のたもとで道路が大きく曲がるのかなと思います。

橋脚は、2本の橋で計7基作られるとのことです。向きや形が見えて来たのは3つほどですので、まだまだこれからです。次々とできていく姿を楽しみにしましょう。

令和2年2月22日22時22分にアップします。ではまた報告します。

2020.02.10 20:30

福井テレビ見学しました

こんにちは。今回は釣りと関係ない話です。

2月10日に友人が勤める福井テレビにお邪魔しました。夕方のローカル情報番組「おかえりなさ〜い」のリハーサル中のスタジオや、放送機器を見学しました。在京キー局は何社か行ったことがありますが、デジタル化以降は初めてです。

スタジオは、いつもテレビで見るセットがあり、出演者がテンポ良くリハーサルしていました。スタジオカメラは昔と違い性能向上した小型のポータブルとなり、しっかりしたドーリーを付けていました。照明はLED化され、発熱が少なく快適になったそうです。

サブ調整室は番組進行の各カットがプログラミングされていて、いちいち2カメ→1カメと手動で個々のスイッチングをしなくて良いそうです。

面白かったのは、デジタル放送は時間が遅れますが、受像機によってデコードの時間が違うということです。每正時の時報「〇〇の時計が7時をお知らせします、ポーン」がなくなったのもそういうことですかね。

テレビ局は文化や災害などの情報を発信する重要な基地です。多メディア化の中、子どもにもお年寄りにも皆んなに身近な存在としてあって欲しいと思います。

2020.01.16 21:30

みらくる亭、4/1休館❗️

今冬は福井市でまだ積雪0との全国ニュースがありましたが、当地では1月15日に初積雪がありました。豪雪地域の奥越・大野市でも3cmで従来の記録より1か月以上遅く、観測史上最も遅い初積雪でした。雪のないのを喜ぶべきか、温暖化を憂うべきか複雑な気持ちです。

さて本題ですが、13日に市波町のみらくる亭に行ってきました。ご利用になられた釣りのお客さまも多いと思います。温泉や食事が人気で年間約4万5千人が利用されています。お風呂をいただき出てきたら、下の看板がありびっくりです。

これじゃ、休館じゃなくて閉館じゃないですか! あわてて調べました。

美山森林温泉みらくる亭は旧美山町が1998年に開業し現在福井市営ですが、指定管理者が運営しています。そして財政上の問題から民営化を計画しており、その公募の準備のため4月から休館するそうです。できるだけ空白期間を短くしたいとのことです。

ということで、なくなるわけではなく安心しました。鮎釣りシーズンに間に合うかどうかは分かりません。再開時期が分かり次第、報告いたします。

※福井市広報紙や福井新聞の記事を参考にしました。

※ブログ過去分はメニュー(スマホは≡マーク)から「店長代理のブログ」をご覧ください。

2020.01.01 00:00

明けましておめでとうございます

本年のご来店を心よりお待ちいたしております。皆さまに喜んでいただけますよう努めてまいりますので、倍旧のお引き立てをお願い申し上げます。

2019.12.22 23:30

新しい橋(蔵作町)の工事の様子2

(画像は下流側橋りょうの橋脚部:2019年12月22日撮影)

橋の工事は着々と進んでいます。天田町よりの河原に2つの橋脚らしきものが現れました。先日まで大きな四角い穴があり基礎工事をやっていましたが、今は足場が組まれています。これは、2つの橋のうち68m長の上流側の橋のものです。下流側の99m長橋の橋脚部は、まだ大きな穴の状況です。

今年は大野や勝山は雪が降りましたが、当地は初雪がまだでそのぶん工事の進捗がよいように見えます。

しかし、橋りょうの名前は何てなるのでしょうか? そして2つですから、第一・第二となるのでしょうか? これも楽しみです。

では皆さま、本年はありがとうございました。よいお年をお迎えください!

※ブログ過去分はメニュー(スマホは≡マーク)から「店長代理のブログ」をご覧ください。

2019.12.06 21:00

過疎地の高齢者とクルマ

店主(父)が10月下旬に88歳になり、米寿のお祝いをしました。運転免許証の更新もこの時期で、また3年もらいました。筆者も妻も返納して欲しかったのですが、本人はがんと聞き入れてくれません。若い時から運転手などもやっており、大型トラックや自動二輪も乗っていたため自信があるようです。大型のみの中央の棒が前後して脇の棒と同じ位置でボタンを押すテストは何回かトライして通りました。通らなくても普通免許はもらえるのですが、それでは納得できなかったようです。

一方、路線バスもなくなった過疎の集落で、歩くのもままならない高齢者の運転免許を取り上げて良いのかという問題もあります。ゴミを出すのも、タバコを買うのもクルマで行っている土地柄です。ましてや非常時に若い者がおらずクルマが使えないのでは死活問題になります。近所の人たちと話しましたが、この辺りでは無理ですよねという意見が多勢でした。やはり、電車・バス・タクシーなどが充実した都会の高齢者と同列に語り、免許返納をするのは難しいと思います。

皆さんがご心配のように、人の身体や財産を損なってはなりません。そして安全と健康はすべてに優先されなければなりません。

そこで我が家の結論は、自動ブレーキ・飛び出し防止・車線保持など最新の安全・運転支援装備が付き、雪に強い四駆で、店長(母)のためにドアが電動開閉できるクルマに買い替えることにしました。それで写真のマイナーチェンジしたばかりのフリードにした訳です。新設定のSUV風のクロスター(ハイブリッド)にしたのは、父のリクエストです(笑)

それと近隣のみで、夜と雪・大雨のときは運転しないことを約束しました。もちろん筆者がいれば、この限りではありません。

以上で万全とは決して言えませんが、少しでもリスクを小さくしたいと考えた訳です「親父の最後のクルマ」ということで、どうか安全に楽しくカーライフを全うして欲しいと思います。

※ブログ過去分はメニュー(スマホは≡マーク)から「店長代理のブログ」をご覧ください。

2019.11.27 00:00

新しい橋(蔵作町)の工事の様子

(画像は半分取り除かれた足羽発電所の橋:2019年11月27日撮影)

皆さん、お久しぶりです。たまにはブログも更新しないとと思い、タイトルのように橋の工事進捗についてお伝えしようと思います。

2017年12月27日に蔵作町と西天田町の間の県道2号線が土砂崩落により通行止めになりました。福井市街や大野市に行くのも鯖江回りで大変でした。その後、一時期は天田橋〜足羽発電所橋の迂回路が設定され、2018年3月に現在の仮橋2本が架けられました。福井や大野方面からのお客さまは通られたと思います。

そして今年8月に下の看板が立ち、ついに新しい橋の工事が始まりました。

崩落場所は地盤が弱く補強してもまた崩れてしまうのか、トンネルにするにはおカネがかかり過ぎるのでしょうか。足羽川の右岸と左岸を往復する立派な2本の橋が架かるようです。今の仮橋よりずっとストレートで、ちょっと古いですが、まさに私たち住民にとって「明日に架ける橋」ですね。完成は令和3(2021)年3月31日とのことです。9月以降、そんなに時間がかかるの?というくらい急ピッチで工事が進んでいます。

それで冒頭の写真です。護岸工事や橋脚の基礎のための大きな穴など複数の重機で作業されています。そして数日前に発電所の橋が半分なくなりました。99mの新橋と干渉するのだと思いますが、少し寂しく感じました。

また、変化がありましたら報告しますので、お楽しみに!

※ブログ過去分はメニュー(スマホは≡マーク)から「店長代理のブログ」をご覧ください。

2019.09.07 23:00
SDGsについて
今回はSDGs(エスディージィーズ)について書きたいと思います。近ごろ大臣が円環状のバッジを付けていたり、新聞記事や自治体のイベントなどでもお目にかかるようになって来たので、ご存じの方も多いと思います。これは、Sustainable Development Goalsの略で持続可能な開発目標という意味です。2015年9月に国連でのサミットで採択された、国際社会共通の目標です。もちろん日本も政府や経団連などによって積極的に取り組まれています。企業でも取り組まれ、筆者も会社在職中は啓発活動に取り組んでいました。
SDGsには、大きい17のゴール(目標)と169のターゲットがあります。ここでは17の目標について記します。
皆さんまだ漠としていると思いますが、ACジャパンの「ランドセルではなく、水タンクを担いでいる少女がいます」というTVでのメッセージを見たことがあるのではないでしょうか? これもその一環です。主には開発途上地域に対してですが、先進地域も対象で大きな責務があります。
では、17の目標を紹介します。
1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に
7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられる町づくりを
12.つくる責任使う責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
16.平和と公正をすべての人に
17.パートナーシップで目標を達成しよう
いかがでしたか? 5項と7項以降は私たち日本に住む私たちにも大事ですよね。12項はメーカーも消費者も持続社会を目指して考えようということだと思います。筆者も普段の言動で差別があったり、色めがねで物事を見ることがあります。特に筆者が住む田舎では古い慣習からか、これらの目標に反することがいまだに残っていたりします。
反省しきりですが「誰ひとり取り残さない世界」を目指して、私たちも意識を変え少しでも実行していこうではありませんか。
※画像は国際連合広報センターHPより転載。
2019.08.26 2300
オートバイのカスタマイズ
2019年8月26日です。お陰さまで鮎釣りシーズンも好調です。令和になって初めて書きます。今日はオートバイ(以下、単車)の話しです。ちょっと長いですが、興味ある人は読んでください。
福井の故郷に移住するちょっと前の昨年の3月に、神奈川で中古のカワサキのエストレアという250cc単気筒の単車を購入しました。それまではスズキのバンデットという4キャブ4気筒の単車に10年間乗っていました。メカが複雑で調整が難しいのと、車検があるのでカネ食い虫という理由で入れ替えたのです。
エストレアは非力で古くさいですが軽快で、なんと燃料供給はインジェクションになっていました。これなら年寄りにも扱いやすく、あまり乗らなくても始動性が良いので決めました。
小生はカスタマイズというか改造好きで、20代のころもヤマハのRZに特注のチャンバー(4ストでいうマフラー)やロッキード製のFブレーキキャリパー、タンクのカスタム塗装、FRPで自作したシングルシートを付けるなどしていました。
今回もノーマルでは飽き足らず、カフェレーサーを目指します。歳なので低いセパレートハンドルやバックステップはやめて、古い英車のようなレトロ感を出そうと思いました。また、合羽や工具、書類などを収納できるシートカウルを装着し実用性を上げることをコンセプトとしました。
昨年の初夏にエストレアを福井に乗って帰りりました。1年以上かけて暇を見つけて改造し、このたび一応完成しました。改造か所を時系列で記します。
1.ハンドル:ジュラルミン製削り出しセパレートハンドル (Fフォークではなくトップブリッジにマウント)に交換。
2.グリップ:綾目ローレットタイプに交換。
3.バーエンドキャップ:ハンドル端にアルミ旋盤加工黒クロムメッキの汎用品を取り付け。
4.ミラー:汎用品のスライドして幅を調整するタイプに交換。
5.ライトステー:アルミダイカスト品に交換。
6.ビキニカウル:汎用品のヘッドライト穴を拡    大加工、塗装し取り付け。
7.メインステップ:カワサキZ2等用バンクセンサー付きアルミダイカスト・ダイヤカット品に交換。
8.タンデムステップ:カワサキZ2等用アルミダイカスト品に交換。
9.スマホホルダー:クルマ用を加工しカウル内に取り付け。
10.シングルシート:中古エストレアキャブ車用の後部ウレタンをカット。前部ウレタン後面に自作仕切り板を取り付け、ベースをイグナイター形状に合わせてカット。
11.シートカウル:ホンダ・クラブマン用のオプション品の中古をエストレアのシートベースに取り付くようロック台を汎用金具を加工し取り付け。15㎜厚黒色ウレタンをカットしカウル前面パッド作成。
塗装はデイトナ製アクリル塗料の純正色スプレーを購入し、パールホワイト・キャンディオレンジ・ダークグレーメタの3色に塗り分け。マスキング治具はイラレで描画しカッティングマシンで塩ビシートを切り作成。仕上げは耐ガソリン2液性ウレタンクリア塗装。
12.ETCアンテナ台:アルミ板切削・曲げ加工で製作し、ハンドルに取り付け。
13.USB電源口・電圧計:汎用品を購入しハンドルに取り付け。配線はヒューズボックスから取り出し。
14.Fフェンダー:エストレア中古品を購入し、前後をディスクグラインダーでカットしショート化。黒色塗装、ウレタンクリアコート。
15.シートレール:中古品(クロムメッキ品)を密着剤塗布後に黒色塗装、ウレタンクリアコート。
16.Rフェンダー:エストレア中古品を購入し、側面を薄く、後部を短く曲線カット。黒色塗装、ウレタンクリアコート。
17.ウインカー:汎用のヨーロピアン小丸タイプに交換。23VのG8バルブを使用。ステーはアルミ板切削・曲げ加工で自作。
18.尾灯・制動灯:キジマ製ミニキャッツアイに交換。ステーはアルミ板切削・曲げ加工で自作。配線はエーモン製の端子や分岐コネクターを使用。
19.ナンバープレートベース:アルミ板切削加工で自作。
20.チェーンカバー:取り外し。
21.スポットライト:汎用のクリー製チップLEDスポットライトをバンパー左に取り付け。配線は既USB電源口配線を分岐。ハンドルにSW取り付け。
22.デカール:ゼッケン「3」、川崎リバーマーク、Kawasakiロゴ、「足羽川田中商店」ロゴをカッティングマシンで製作し貼り付け。
以上ですが、紆余曲折もありました。まずライトステー交換時にトップブリッジを外し再取り付け時にプラハンマーで叩き込みました。そのとき手が滑ってタンク前部を叩いてしまい凹ませてしまいました。幸い塗装がやられてなかったので、東京のデントリペア屋さんに持ち込みましたが、溶接耳に近くて硬いし工具も届かないのでできないと断られました。困り果てていたところ、ネットで勝山の「DENT LABO U1」というお店を見つけました。タンクを持ち込んでご主人に相談すると、やりますよーとのこと。数日後取りに行くと、完璧! まったく凹みが分かりません。それで1万8千円とリーズナブル、ともかく腕は日本一だと思います。ジェントルなご主人のご対応にも感謝感激です。
シートカウルの塗装も苦労しました。3色塗りのため、マスキングしそれぞれ吹きしましたが、境界部に滲みが発生してしまいます。また、パールホワイトは下地シルバー+中塗りホワイト+上塗りパールクリアと3工程です。
キャンディオレンジは、下地シルバーの上にクリアオレンジを層を重ねてタンクと合わせる必要があります。塗り過ぎれば濃くなってしまいます。また両色ともゴミが目立ちます。したがって、修正・やり直しの連続で結局塗装だけで1か月以上かかってしまいました。
最後はナンバープレートの脱落です。このお盆休みに大阪の後輩がSRで来てくれ、ツーリングに出かけました。15km走ったところで外れ、後輪に巻き込んでクシャクシャになってしまいました。原因は改造時にナンバーベース一体の尾灯を仮締めのままで、増し締めを忘れていたことです。気持ちも激低で単車はやめ、クルマで二人で出かけました。反省しきりですが、2日後に運輸支局に行き相模ナンバーを返納し福井ナンバーをもらい、新品のミニキャッツアイとともに取り付けました。後輩も素早さに呆れてました(笑)
そうしてようやく写真のように完成しました。今日、保険証などの登録番号変更のためレッドパロン福井店に行きました。オイル交換も頼んだのですが、工場長さん曰く「きれいで良いカスタムですね」と。店長さんも同感のご様子。全部自分で切った貼ったし、塗ったと伝えると「どこのショップでやってもらったのかと思いました」とのこと。あぁ、ほんとに嬉しかった。お世辞にせよ単車のプロにそう言われたら、たまりません。疲れが吹っ飛びました。ニタニタ笑いながらお店を出ました。
アマゾンとメルカリに感謝しつつ…。

2019.07.16 18:30

YouTubeで紹介されました

7月6日にユーチューバーのtakeちゃんが、岩ちゃんとご来店になりました。当地足羽川での釣りの様子が、この度YouTubeにアップされましたのでご案内します。約13分間のとても楽しい動画ですので、皆さんもぜひご覧ください。

※コメントで「マルチライブカメラ」とありますが、マルチではありませんのでご了承ください。

2019.05.21 13:00

6/15(土)アユ友釣り解禁!

令和元年(2019年)のアユ漁シーズンがいよいよ始まります。6月15日にまず友釣りが解禁になります。9月1日(日)午後1時から網漁が解禁されます。どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

(画像は福井県足羽川漁業協同組合が制作のポスターと案内図を転載)

2019.03.31 21:00

最後の路線バス

2019年3月31日、ついに京福バスの稲荷~福井(池田線)が廃線になりました。16時38分西河原バス停前を下り最後のバスが通り過ぎていきました。店主の話によると、昭和初期には足羽バスとして運行していたそうです。筆者が子どものころには、下池田の大本行や、上味見の河内行きなどもありました。モータリゼーションの普及とともに利用者が減り、近年は平日2往復、土日は1往復という状況でした。負のスパイラルですよね。時代の流れとはいえ、何ともさみしい気持ちです。

2019.02.01 00:00

リニューアル開店!

こんにちは。長年お世話になっています福井市西河原町の田中商店が、このたび新たに「足羽川田中商店」として生まれ変わりました。鮎釣りはもちろん、皆さまがコミニュケーションできるお休み処としてもご利用ください。このホームページで情報発信していきますので、よろしくお願いします。